無意識に選んだ服の色④

 

★ピンク色

・ピンク色の服を無意識に選んだ人は、人に優しくしたいと考え、甘えたいとも考えている。
・ピンクはふんわりとした優しさを表すので、誰かに優しくしたい、甘えたいという乙女の象徴でもあります。
・ピンクを好む人は、他人への愛情を大切にします。
・なので仲のいい友人や、家族の相談に乗ったりできます。
・しかし、逆境などの苦しみや辛さからは逃げてしまう傾向があります。
・また人へ優しくしたいという心の裏側には、他人から優しくされたい、愛されたいという願望がある。

 

 

★茶色

・茶色の服を無意識に選んだ人は、堅実に物事を捉えようとしている人。
・堅実さをもたらしてくれるので、衝動買いなどの無駄が減ります。
・自信と感受性が豊かになっており、堅実に物事を捉えようとする意識が高まっている状態。
・長期的になにかをやるにはいい時期です。
・しかし、気分が落ち込んでいるときにはどんよりとした色に体が同調してしまうので、自然と体を休ませたくなります。

 

 

★管理人(ドッくん)がオススメするおすすめ中のおすすめ記事3選♡

好きな色でわかる深層心理♡

あなたの好きな色であなたの深層心理を見抜きます♡

色彩心理学を日常に取り入れてみよう♡

コメントを残す

このページの先頭へ