無意識に選んだ服の色③

 

★黄色

・黄色の服を無意識に選ぶ人は、開放的な気持ちをしており、人を寄せやすい。
・黄色は『太陽』『果物』『穀物』などの自然の恵みや希望の光を表す色である。
・赤みたいなエネルギッシュな感じではなく、ほんのり温かみのある色である。
・それゆえ元気を取り戻させてくれる。
・自然な素の自分をアピールしたい時には効果的かもしれません。
・黄色い服を好む人は、同時に新しいことを好みます。
・黄色は神経を刺激するので、知的に見せたいときに使える色でもあります。
・黄色はコミュニケーションカラーと言われているので、人の心を開いて、距離を縮めてくれる効果も発揮します。
・初対面の時には有効的です。

 

★紫色

・紫色の服を無意識に選んだ人は、感受性が豊かになっています。
・紫は神秘的な色なので、芸術的な才能や、俗世間から離れたいときに無意識に着られる。
・紫は、大人っぽいセクシーさを醸し出すのにも効果的な色である。
・紫を好む人は直観力が鋭敏になっているので、何かしら芸術に触れてみるといいです。
・紫はもともと、とても貴重な色だったということと、一方で精神的不安定というイメージがあるので、二面性を持つ色になります。
・紫は体調の回復促す色で、どうにかして体調を立て直したいときに使われます。
・紫は女性ホルモンの分泌を促すので、その分女性を美しくします。

 

 

★オレンジ色

・オレンジ色の服を無意識に選ぶ人は、社交的で親しみやすい性格をしている。
・大勢が集まるパーティとかで身につければ、初対面の人からも話しかけられるので効果的です。
・オレンジ色を好む人は、強い人間関係を結びたいと考えています。
・なので離れていた家族や友人との関係を取り戻したいときに有効的な色である。
・また、オレンジ色は食欲もわかせてくれます。

 

※続きは下のリンクからどうぞ♡

 

 

『茶色・ピンク』の結果はこちら!

 

★管理人(ドッくん)がオススメするおすすめ中のおすすめ記事3選♡

好きな色でわかる深層心理♡

あなたの好きな色であなたの深層心理を見抜きます♡

色彩心理学を日常に取り入れてみよう♡

コメントを残す

このページの先頭へ