心理学を応用した恋愛テクニック「ドア・イン・ザ・フェイス」

ドア・イン・ザ・フェイスは、恋愛でも営業でも活躍する「Yes」を引き出すための交渉テクニックです。

ドア・イン・ザ・フェイスとは

ドア・イン・ザ・フェイスとは
大きな要求をして一度断らせてから
小さな要求をすることで

心理的ハードルを下げて2回目の要求に応じさせるテクニックです

デートに女性を誘うとき

目的が「女性を食事に誘うこと」だとしたら

まずは、必ず断られるだろう要求度の高い負担の大きい要望をします。

例えば

「一泊二日の温泉旅行に行かない?」

というようなものです。

食事にも行ったことがない女性にこんな要求をしても9割型は

「無理だから。」

と断られるでしょう。

ここまでは想定の範囲です。

「じゃあ、今後ご飯ならいいでしょ?美味しいイタリアン知っているんだ。」

と矢継ぎ早に質問するのです。

聞かれた方としては、すでに一度断ってしまっているため、

罪悪感があり舞うし、続けてノーと言うのは気が引けるものなのです。

「ご飯ならいいよ。」

とイエスになる可能性が高くなるのです。

ノーだとしても、この段階では歯切れの悪いものになるはずです。

「うーん。ちょっとなぁー」

ここでさらに畳みかけて

「じゃあ、ランチならいいでしょ?」

とだんだんとハードルの低い要求に変えていくのです。

最終的に3回も断るメンタルを持っている人は少ないのです。

ポイントは間髪入れずには低いハードルの要求を続けることです。

時間が空いてしまうと、罪悪感も薄れてしまうので、続けて断りにくい環境を作るのです。

ドア・イン・ザ・フェイスは友人関係でも、ビジネスシーンでも有効な交渉術です。とはいえ、やりすぎるとしつこい人と嫌われてしまう可能性もあるので、場所や状況を吟味して、可愛げがある形で実行すると良いでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ