即効心理学パート2♡

 

このページでは前回の『未完了』を駆使した恋愛テクニックと代わって、
『パーソナルスペース』を駆使した恋愛テクニックを紹介していきます。
『パーソナルスペース』を駆使できるかできないかで、
好かれる嫌われるが別れてくるので是非活用してみてください。

 

 

■パーソナルスペースを意識するべし!

パーソナルスペースとは、 他人に近付かれると不快に感じる空間のこと
一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、
逆に敵視している相手に対しては広い。
相手によっては(ストーカー等)
距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもある。

 

■相手のパーソナルスペースに入り、親近感を湧かせる。

心理学には『人間は距離が近い相手を好きになる』という実証もあるそうです。
片思い中の好きな人がいるのなら、
今までよりも一歩踏み込んで目を見て会話してみるとうまくいきます。
モテる男女は気軽に異性に近寄ります。
脈なしから脈ありへと変える方法として、
相手にいつもより近づくという恋愛心理テクニックがあります。
好きな人がいたらマイナス思考や疑心暗鬼になって受け身にならず、
少しぐらい強引に迫った方がうまくいきます。

 

■男性と女性では、パーソナルスぺースの広さが違う!

一般的に男性より女性の方がパーソナルスペースは狭い。
つまり、女性がドキドキしない距離間でも、男性はドキドキしている可能性が高い!
※ちなみに性格によっても差が生まれます。
内向的、消極的、暗い性格などの人はパーソナルスペースが『広い』
外交的、社交的、明るい性格の人はパーソナルスペースが『狭い』
ちなみに、『日本人』全体として、パーソナルスペースは『狭い』傾向にあります。

 

■男性と女性ではパーソナルスペースの形が違う!

とある心理学の実験で、目隠しをしてイスに座った被験者に男女が少しづつ自然に近づき、
その気配を感じてそれ以上近寄って欲しくないときに「ストップ」と合図やサインを出す。
その声がかかった場所に印を記入し、調査結果をまとめてサインを全て繋げていくとると、
不思議なことに、卵型の形になったという。
男性は前方に大きくパーソナルスペースがあると言われます。
つまり、男性を意識させるには、相手と向い合せに立つと良い。

 

■好きな男性には右側から話しかけると良い!

左右で比べると、一般的に男性は体の『右側』のほうが、警戒心が圧倒的に少ない状態とのこと。
全男性の9割を占めるという『右利きの男性』の場合は、
脳の働きの理由から、『左側』よりも『右側』からのほうが話しかけられるほうが、
相手を受け入れやすいのだそうです。
※相手が『左利き』の場合は逆ですよ!

 

■女性は自分を中心に『円形』のパーソナルスペースが存在する。

このため、女性に対しては『横』からのアプローチが有効とされています。
飲み会などでは向かいより『隣』を狙いましょう。
また、これとは別に人は背後、自分の後ろに対する警戒心が強くできています。
女性にアンケートを取ると人気なのが、彼氏、男性に後ろからギュッと抱きしめられるというもの。
この心理には攻撃を防げない背後が守られている安心感から包容力を感じているわけです。

 

■パーソナルスペース作戦を使う際の注意点

相手が近づきすぎの警戒サインを出したら、少し距離をとる。
警戒のサインは、後ろに少し引いたり、体をそらしたり、向きを変えるなど。

 

 

続きはこちら!即効心理学パート3

 

★管理人(ドッくん)がオススメするおすすめ中のおすすめ記事3選♡

好きな色でわかる深層心理♡

あなたの好きな色であなたの深層心理を見抜きます♡

色彩心理学を日常に取り入れてみよう♡

コメントを残す

このページの先頭へ